COLUMN

コラム

CATEGORY

2017.05.29Webマーケティング

Googleが発表したモバイルファーストインデックスとは?

ホネ吉
ホネ吉
WEBデザイナーの卵です
初めまして、新人のホネ吉です。
まだWEBデザイナーの卵ですがはやく一人前になれるように日々精進中です。どうぞよろしくお願いします。
何を書くか非常に悩みましたが、先日先輩から少し聞いたモバイルファーストインデックスについて書こうと思います。

モバイルファーストインデックスとは?

モバイルファーストインデックス(Mobile Firest Index)とは2016年11月にGoogleが発表したGoogle検索における仕様変更のことです。
今まではパソコンサイトの評価をもとに検索結果を決定していましたが、「モバイルファーストインデックス」では
スマートフォンなどのモバイルサイトの評価をもとに検索結果を決定するという仕様に変更されます。
つまり、今まで

スマホでの検索→パソコンサイトを評価した検索結果を表示
パソコンでの検索→パソコンサイトを評価した検索結果を表示

だったものがモバイルファーストインデックス導入後では

スマホでの検索→スマホサイトを評価した検索結果を表示
パソコンでの検索→スマホサイトを評価した検索結果を表示

になるということです。
現状でもスマホでの検索結果とパソコンでの検索結果が同じになるわけではなく、スマホ対応されているページを検索結果を上昇し対応していないページの順位を下げるというモバイルフレンドリー補正が働いています。

なぜモバイルファーストインデックスが導入されることになったのか?

Googleがモバイルファーストインデックスを導入することになった背景にはスマホからの検索利用数が増えPCからの検索利用数を上回っている事があります。検索のニーズがパソコンからモバイルに移ったことに合わせて検索結果もモバイルを基準に変更するのだと思われます。

In fact, more Google searches take place on mobile devices than on computers in 10 countries including the US and Japan.
(実際に日本やアメリカを含む10か国ではGoogle検索はモバイル端末の方がパソコンよりも多く行われています)
出典:Google

導入時期は?

具体的な導入時期は未定ですが、実装は決定されているので今年度中に導入されると思われます。

モバイルファーストインデックスが導入される上での注意点

モバイルファーストインデックスが導入されることで注意しなければならないのはパソコンサイトの評価が(ほぼ)されなくなるということです。
モバイル版サイトがない場合やパソコン版とモバイル版のコンテンツが大きく異なり、パソコン版に重要なキーワード・コンテンツがありモバイル版には存在しない場合などは影響を受ける可能性があります。

モバイルファーストインデックスの対策

1.モバイル版サイトがない場合

モバイル版サイトが用意されていない場合、モバイルファーストインデックス導入後でもパソコンサイトが検索結果に表示されないということはありませんが、評価が大きく下がる可能性があるのでモバイル版サイトを用意しておくのがいいでしょう。

2.モバイル版サイトとパソコン版サイトのコンテンツが大きく異なる場合

パソコン版サイトで掲載しているコンテンツをモバイル版サイトで削除している場合、モバイルファーストインデックス導入後にモバイル版サイトで削除されているコンテンツが評価対象外となり評価に影響が出る可能性があります。
また、従来ではアコーディオンメニューのような初期状態で隠れているコンテンツは重要度が下げられていたり評価対象外になっていたりしましたが、モバイルファーストインデックス導入後では隠されているコンテンツは評価されるようになります。

まとめ

以上モバイルファーストインデックスについてご紹介しました。
発表から月日が経過していることもあり導入は時間の問題かと思われますので、今のうちに自社サイトを見直されてはいかがでしょうか?