COLUMN

コラム

CATEGORY
  • 中国版お年玉「紅包」の電子利用から考える、デジタルツールとの賢い付き合い方

2017.02.27テクノロジー

中国版お年玉「紅包」の電子利用から考える、デジタルツールとの賢い付き合い方

MARIKOS
MARIKOS
チョコミントおいしいです

中国のお正月にあたる「春節」。今年2017年は1月28日から始まりました。
初日は「初一」とも呼ばれ、ご近所にあいさつ回りをするといった、日本と同じ習慣もあるそう。
その習慣の一つである中国版お年玉「紅包」の環境が、今年は大きく変わったそうです。

時代は「電子マネー」か 「紅包」の電子版利用者が460億人に

 紅包は親や親戚から子どもに、会社の雇用主から社員に、お金を入れた赤色の封筒を渡して春節を祝う風習。しかし、現代テクノロジーに精通している人々の間では、封筒を買ったり配ったりする手間やコストをかけず、スマートフォンを操作して送金する傾向が強まっている。

 今年、8億人以上が使っているメッセージアプリ「微信(ウィーチャット、WeChat)」を通じて春節前の1月27日から2月1日に送受信された電子版紅包は、前年比43%増の460億件に上った。そのうち1月27日だけで前年比約76%増の140億件以上の紅包の送受信があった。

出典:AFPBB News「中国、春節のお年玉「紅包」電子版の利用が急増 460億件」(2017年2月5日)

封筒を買い、相手に配り渡る手間とコストを、現代ならではのテクノロジーで省略した、新しい「紅包」のスタイルが広まりつつあるようですね。同じお正月の風物詩である年賀状のやり取りが年々減少していることにも、同じような理由がありそうです。

「今、目の前にあること」の価値とは何か

紅包、年賀状など紙の媒体が減少していくに反比例するように、現代テクノロジーを駆使したデジタルツールの利用者が増加しています。今後ますます競争が厳しくなっていくであろう紙業界ではありますが、完全に淘汰されてしまうのかというと、そうも言い切れない。

以下は、電子書籍での読書がもたらす、紙の書籍との違いは何かについての研究結果です。

研究では、読書とタブレット使用の習慣がそれぞれ同じ程度の大学院生が50名集められ、25名ずつの2グループに分けて実験が行われました。各グループはエリザベス・ジョージ著の短編小説を最後まで読んだ上で様々な検証に臨んだのですが、一方のグループは書籍を、もう一方のグループはAmazonの電子リーダー「Kindle DX」にインストールした電子書籍を使用しました。
両グループとも、「物語の背景」や「登場人物」、「ストーリーの詳細」などの項目では同等の正解レベルを示しているのですが、物語中の出来事が発生したタイミングを尋ねた設問では、電子書籍を読んだグループが明確に低い正答率を示したとのこと。さらに、14個に分けられた話の流れを順番に並び替えるという設問に至っては、電子書籍グループの正答率はもう一方のわずか半分ほどしかなかったという結果が浮き彫りになりました。
出典:GIGAZINE「電子書籍に移行することで失われる読書体験の中身が少し判明」(2014年08月21日)

「目に見える」ということは、目で全体を把握することができるということです。紙の書籍ではページの数や本の厚みの印象がダイレクトに伝わるのに対し、電子書籍は与えられる情報がその全てです。言い換えると、「目の前にあるもの」がもたらす印象や価値、そして情報量は、そうでないものより圧倒的に多いのかもしれません。

今回の紅包に関して言うと、「相手の目の前で手渡しする」という行為そのものが持つ意味は、私たちが考えているよりもずっと大きいのではないでしょうか。

これからは、「便利」と「手間」を使い分ける時代

その利便性から、私たちは普段から様々なデジタルツールに慣れ親しんでおり、むしろそれらを使いこなせない人が不便を被るという時代にさえなりつつあります。時間がない、手間を省きたいという理由でついつい使ってしまいたくなりますが、そのデジタルツールを利用することによる効果の度合いが、アナログツールを利用することよりも著しく低下してしまっていないかは、常日頃から考える必要があります。

ツールは「使われるもの」ではなく「使い分けるもの」。それを踏まえた賢い使い方で、よりクリエイティブな生活を送りたいものです。