COLUMN

コラム

CATEGORY
  • WEBデザイナーなら知っておくべきHTTPステータスコード【エラーコード編(400番台~500番台)】

2018.07.24Web制作

WEBデザイナーなら知っておくべきHTTPステータスコード【エラーコード編(400番台~500番台)】

ホネ吉
ホネ吉
WEBデザイナーの卵です

こんにちは ホネ吉です。今回は前回に引き続きステータスコード【400~500番台 エラーコード】についてお話しします。
400~500番台のステータスコードは実際に何らかのエラーが発生している場合に表示されます。WEBサイト上で見かけるステータスコードはこの400番台~500番台がほとんどです。
400番台はクライアントからのリクエストにエラーがあった事を示し、500番台はサーバーがリクエストの処理を失敗したことを表します。

4xx クライアントエラー

400 Bad Request

入力データが間違っているなどクライアントのリクエストがおかしくサーバー側で処理できない場合に返されます。

401 Unauthorized

認証が必要なページにアクセスした際、入力ミスなど何らかの理由で認証が失敗した場合に表示されます。

403 Forbidden

アクセス権がないページにアクセスした時に表示されるコードです。アクセス権がない場合以外にもホストからアクセスを禁止されている場合にも表示されます。

404 Not Found

ページが見つからないときに表示されるコードです。WEBデザイナーでなくても1番よく見るコードです。

405 Method Not Allowed

許可されていないメソッドを実行した際に返されます。例えばフォームでPOSTメソッドを許可されていないページでPOSTメソッドを使用した場合などがあげられます。

408 Request Timeout

リクエストが制限時間内に完了しなかった場合に表示されます。送信したリクエストに問題がない場合もあります。

5xx サーバーエラー

500 Internal Server Error

サーバー内にエラーが発生した場合に表示されます。PHPやCGIなどのプログラムミスなどでよく見られます。

502 Bad Gateway

ゲートウェイやProxyとして動作しているサーバがリクエストを実行しようとしたら不正なレスポンスを受け取った場合に見られます。

503 Service Unavailable

サーバーがアクセス過多やメンテナンスなどでリクエストを処理できないときに表示されます。時間を置いてアクセスすることで解決できることもあります。

504 Gateway Timeout

URIから推測されるサーバーからの応答がなくタイムアウトしたという事です。集中アクセスが原因でサーバーがダウンしている可能性が高いです。

まとめ

今回はステータスコードの中のエラーコードでメジャーなものをご紹介しました。
WEBに携わる人間は特に見ることが多いと思いますのでエラーコードが表示されても慌てず何のエラーかを判別し落ち着いて対処することが大切です。「500 Internal Server Error」などは文法エラーや全角スペースなどつまらないミスで見ることも多いので気を付けましょう。