COLUMN

コラム

CATEGORY
  • Googleマップ超進化!公共交通機関(バスや電車、地下鉄)の混雑予測可能に!

2019.07.16ビジネス

Googleマップ超進化!公共交通機関(バスや電車、地下鉄)の混雑予測可能に!

vToTv
vToTv

ご覧いただきありがとうございます。はじめまして、vToTvと申します

今回はGoogleマップの話題をご案内したいと思います。

ホームページ制作のお打合せ時やプライベートでの旅行などで役立つ交通系ナビツールはいろいろありますよね

ちなみに、私は、GoogleMap派です。

ぶっちゃけ、Googleマップは、車のナビより使いやすいと思っています。

ナビで使えるGoogle Mapの最新機能

Googleマップは、使いやすいのでナビ代わりに使っていまして、よくお世話になっています。
ぶっちゃけ、Googleマップは、車のナビより使いやすいと思っています。

今回は、そのGoogleマップに関する新しい機能のご紹介です。

Googleマップで満員電車やバスの混雑予測ができるようになったのはご存知でしょうか?

今までは、高速道路・道路が赤く表示されて混雑状態をリアルタイムで表示されていましたが混雑予測はありませんでした。

公共交通機関は、リアルタイムの混雑状態がわからなかったのです。

ところが!?

2019年6月末頃にiOSアプリとAndroidアプのGoogleマップが更新されて、電車やバスの混み具合を予測してくれたり、バスの遅延をリアルタイムで、警告してくれる機能が追加されました。

Predicting Bus Delays with Machine LearningThursday, June 27, 2019Posted by Alex Fabrikant, Research Scientist, Google Research Hundreds of millions of people across the world rely on public transit for their daily commute, and over half of the world’s transit trips involve buses. As the world’s cities continue growing, commuters want to know when to expect delays, especially for bus rides, which are prone to getting held up by traffic. While public transit directions provided by Google Maps are informed by many transit agencies that provide real-time data, there are many agencies that can’t provide them due to technical and resource constraints.Today, Google Maps introduced live traffic delays for buses, forecasting bus delays in hundreds of cities world-wide, ranging from Atlanta to Zagreb to Istanbul to Manila and more. This improves the accuracy of transit timing for over sixty million people. This system, first launched in India three weeks ago, is driven by a machine learning model that combines real-time car traffic forecasts with data on bus routes and stops to better predict how long a bus trip will take.

(和訳)世界中の何億もの人々が毎日の通勤を公共交通機関に頼っており、世界の交通機関旅行の半分以上にバスが関係しています。世界の都市が成長し続ける中で、通勤者は、特に交通渋滞に悩まされる傾向があるバスの乗り物について、いつ遅延を予想するかを知りたがっています。 Googleマップが提供する公共交通機関の道順は、リアルタイムのデータを提供する多くの公共交通機関から通知されますが、技術的な制約やリソースの制約のために提供できない公共機関が数多くあります。今日、グーグルマップはバスのライブで交通状況の遅延を確認できるようにし、アトランタからザグレブ、イスタンブール、マニラなど世界中の何百という都市でバスの遅延を予測した。これにより、6,000万人を超える人々のトランジットタイミングの精度が向上します。このシステムは、3週間前にインドで発売されたもので、リアルタイムの自動車交通量予測とバス路線のデータを組み合わせた機械学習モデルによって推進され、バスの旅行にかかる時間を予測するのに役立ちます。
引用元:Predicting Bus Delays with Machine Learning

混雑具合の予想は、過去の混雑状況をベースにしていているようです。

それを見れば、混雑している場所や時間を避けることができるようになりますね。

また、満員電車は朝と夜,深夜にかけてと固定化されていますが、4段階で混雑指数がわかるみたいです。

バスの遅れに関しては、実際の運行状況に基づいて移動時間が確認されるのだそうです。
つまり、マップ上でどのあたりで遅延が出ているのかもわかります。

ビジネスの商談やプラべートで外出する際などにうまく活用できそうですね

□参考サイト
https://www.blog.google/products/maps/grab-seat-and-be-time-new-transit-updates-google-maps/
https://jp.techcrunch.com/2019/06/28/2019-06-27-google-maps-can-now-predict-how-crowded-your-bus-or-train-will-be/