COLUMN

コラム

CATEGORY

2016.11.15Webマーケティング

SEO効果を加速させるh1タグの設定方法について

yanataka
yanataka
日々奮闘中のSEOエンジニア
h1タグは、内部施策においてタイトルタグに次ぐ重要な項目です。検索エンジンや訪れたユーザーにそのページの内容を適切に伝える役目を持ち、対策キーワードを含めることで上位表示を目指すための重要な足がかりとなります。
ここでは、SEOの効果を加速させるためのh1タグの設定方法についてご紹介します。

h1タグについて

h1タグは、数多くあるHTMLタグの中の1つです。そのページの内容を定義するhタグの中で、最も高い階層にあたる大見出しタグとなります。検索エンジンがコンテンツの内容を把握する判断材料にします。

h(見出し)タグについて

hタグの「h」は、「見出し」を意味する「heading」の頭文字を取っています。「h1~h6」までの6種類あり、数値が小さいほど重要度の高い見出しとして検索エンジンに認識されます。
HTMLへは、数値が小さい順番(h1→h2→h3…h6)に記述します。

対策キーワードを含めた簡潔な内容にする

h1タグは、キーワードを含めつつ、そのページの内容を簡潔に説明したテキストを記述する必要があります。タイトルタグと同様、前方にあるキーワードを重要視する傾向にあるため、h1タグの前方に対策キーワードを記述してください。
また、キーワードを過度に記述した不自然な文章を設置すると、検索エンジンからの評価を下げることに繋がるために注意が必要です。

h1タグの文字数

h1タグには、特に文字数に制限はありません。しかし、h1タグの文字数が長いと、それだけキーワードの出現率が低くなるため、「30~50文字」程度が適切だと思います。

1ページに1つ、テキストで設置する

HTML5では、1つのページ内にh1タグを複数設置しても構造上では問題はありません。しかし、h1タグが複数あると、SEOの効果が分散すると言われているため、なるべく1ページに1つだけ設置するようにしてください。

また、h1タグにロゴ画像などを設置しているサイトが多くありますが、検索エンジンは画像の内容を認識することができないため、h1タグはテキストで設置することを推奨します。もし、ロゴ画像などにする場合は、「alt属性」を必ず設定してください。

タイトル(title)タグと同じでも良いのか?

h1タグに、タイトルタグと同じ内容を入れることに問題はありません。逆に、異なる内容になっても問題はありません。同じ内容でも異なる内容でも、SEOで有利・不利になることはありません。
タイトルタグは、検索結果のページ上などでそのページを外から見た人に向けて分かりやすく伝えるものであり、h1タグはそのページに訪れた人に今見ているページの内容を分かりやすく伝えるという違いがあります。それを意識して、h1タグの内容を記述してみてください。

まとめ

h1タグは、SEOにおいてタイトルタグに次いで重要な役割を担います。ここで紹介した内容をしっかりと対策することで、上位表示へと繋がります。検索エンジンやユーザーにページの内容を分かりやすく伝えることを心掛けましょう。