COLUMN

コラム

CATEGORY

2019.01.31Webマーケティング

お客様の心に響く、ライティング術②

mew
mew

Webサイトで役立つコンテンツを作り、検索の順位を上げるためには、「Webライティング」の知識やノウハウが必要です。
お客様に読んでもらえる文章や、お客様の心をつかみ、行動の引き金となるキャッチコピーを作るにはどうしたら良いのでしょうか?書き方やコツを学んでいきましょう!

お客様の声をキャッチコピーやライティングに利用しよう

商品を購入する際の「決め手」になるお客様の声やレビュー。
お客様の声を使ったキャッチコピーは、売り手のどんな言葉よりも信ぴょう性が高く、
信頼度の高いキャッチコピーになり得ます。
お客様の「良い声」だけでなく「悪い声」も活用すれば、よりインパクトの強いキャッチコピーが作れます。

なぜ、お客様の声が効果的なのか?

商品を購入しようとするとき、なにを「決め手」にするかは、商品の種類によっても異なり、
個人の判断基準もまちまちです。
そんな中、どの商品にも共通して「選ぶ基準」になり得るものがあるとしたら、
「お客様の声」や「クチコミ、レビュー」です。
「どんな評価がなされているか」「買った人はどのように感じているか」という内容は、
これから買おうとしている人にとっては、とても参考になる貴重な情報なのです。

お客様の声には信ぴょう性・リアリティを感じる

売り手が「この商品は素晴らしい」とどんなに語りかけても、お客様が語る「素晴らしい」の言葉のパワーにはかないません。
商品が売れてもなんの利益得ないお客様の声には、信ぴょう性やリアリティを感じるのです。

お客様の声から、響くフレーズを探し出そう

お客様の声は購入の決め手になります。お客様から頂いた感想、レビュー、お問い合わせなどの「声」を使用すれば、
購入につながるキャッチコピーが作れます。
お客様の「良い声」だけでなく「悪い声」も参考にし、響くフレーズや言葉があれば抜粋して使用してみましょう。