COLUMN

コラム

CATEGORY
  • Google検索で日付指定検索コマンド「before:」「after:」ベータ版提供開始!

2019.04.11テクノロジー

Google検索で日付指定検索コマンド「before:」「after:」ベータ版提供開始!

しまこ
しまこ

こんにちは。しまこです。

今回は新たに提供されたGoogle検索の日付指定検索コマンドについてお話します。

新たな検索コマンドとして「before:」「after:」が実装

2019年4月10日、Googleは新たな検索コマンドとして「before:」「after:」のテストを開始しました。
GoogleのWeb検索では検索結果画面の「ツール」で期間を指定することも可能ですが
いったん検索を実行する必要があります。
この新しいコマンドを活用することで従来のツール機能を用いた絞り込みが、検索ボックス内でフィルタリングできるようになるのでとても便利になります。

使い方

この二つのコマンドは、それぞれ[検索クエリ][コマンド][日付]の順で入力することで、日付の前後の文書を返す仕様になっています。

たとえば”令和 before:2019″ と検索すると、2019年以前を、”令和 after:2019-04-01″ なら2019年4月1日以降を指定してキーワード検索が可能です。
ちなみに日付指定には「/(スラッシュ)」を使うことができるほか、日にあたる数字は一桁の数字でも問題なく作動します。(下記三つは同様の内容になります。)

令和 after:2019-04-01
令和 after:2019/04/01
令和 after:2019-4-1

なお、ウェブページの時間は Google がアルゴリズムで自動的に推定した日時に基づいています。
Google はさまざまなシグナルを用いてページの公開日時を推定していますが
全てのウェブページが公開日時を記載しているわけではないため、必ずしも正しいわけではありません。
日付指定による検索結果も適切でないページが表示される場合もとのこと。

最後に

発表があったGoogle SearchLiaisonのTwitterを覗くと
「新しいテストを楽しんでみて。フィードバックを待っています。」とのツイートがされています。
ぜひ「before:」「after:」の新コマンドを使って、色々試してみてください。