HOMEPAGE

ホームページ制作

3C分析を用いた
『ホームページ制作』

ホームページ制作で最も重要なことは初回ヒアリングです。ここでお客様のニーズをしっかりと把握できないと、ご満足いただけるホームページを制作することができません。そのために必要なのが『3C分析』です。

3C分析とは?

  • Customer(顧客)
    市場や顧客のニーズやその変化を読み取る
  • Competitor(競合)
    競合が「Customer」の変化にどのような対応をしているのかを知る
  • Company(自社)
    「Customer」「Competitor」を踏まえて課題を抽出しながら、自社が成功できる要因を見つける

3C分析は「現状」を把握する上で簡単で非常に分かり易いフレームワークの1つで、外部環境や競合状況から、事業のKSF(Key Success Factors:成功要因)を導き出し、事業を成功に導くために役立ちます。

3C分析を使ったヒアリングのための事前準備Preparation for Hearing

顧客(Customer)
  • 新規開拓をする上で、自社の商品やサービスはどのような顧客がターゲットになるか、どのような顧客と相性が良いかなどを調査する。
  • そのような顧客は、どのような課題や問題点を抱えているかを把握する。
  • またそのような顧客は、どのようなキーワードを使って検索エンジンで情報収集するのか?調査する。
競合他社(Competitor)
  • ターゲット顧客が情報収集の際に入力するキーワードで検索し、広告枠とオーガニック検索TOP10位までの競合サイトを調査する。
  • 競合サイトが、サイト上でどのような訴求をしているかチェックし、競合他社の強みや特徴を把握し参考にする。
自社(Company)
  • お客様からの相談事や困りごとなどを、いつもどのようにして解決しているのか?またその際に自社のどのような強みや特徴をアピールし、ご契約やご注文をいただいているのかを再確認する。
  • そのようなご契約やご注文に至った強みや特徴の中で、他社にはない自社特有の経営資源は何かを掘り探る。

3C分析では、常に3つの要素を関連付けて考えることが大切です。考える順序は、顧客から考えても、競合から考えても、自社から考えても問題ありません。ただ最初に考え出したCを前提にして、それを必ず関連付けながら他のCを考えていってください。そうしなければ腑に落ちない論理的におかしい結果になってしまいます。

ターゲット顧客を抽出する際に、できるだけたくさんの顧客を出すよう努力してください。マーケティングの基本的なことになりますが、信憑性のある答えを導くためには、できるだけ多くのデータから絞り込むことが必要になります。特にホームページを活用することを前提にしている場合、ネット集客だけでは物理的に難しく、ネットに向いていない顧客ターゲットもいるからです。また、3C分析はあくまでも仮説です。これだけで戦略を決定するのではなく、実務ベースに落とし込む際には、必ず定量的な判断も必要になります。これらの理由から、これからホームページをリニューアルする際には、しっかりとターゲットニーズや検索マーケット、競合他社や自社の強みなどを分析を行ない、価値のあるホームページ制作ができる制作会社を選ぶことをお勧めいたします。

ホームページはもはや存在するだけでは、検索エンジンに評価されないですし、会社に利益をもたらしてもくれません。
しかし、しっかりと手順を踏んで制作をすれば、必ず何らかの効果を発揮してくれる有難いツールです。

当社では、すべてのお客様に対してこのような3C分析をして現状を把握し、顧客ニーズや競合他社を確認しながら現在の検索マーケット事情をご説明し、『失敗しないホームページ制作』をご提案しております。

その他のサービスOther Services

  • コンテンツマーケティング
  • アクセスアップ支援
  • アフターフォロー